バイク

最近人気の3輪バイク

日本国内では、2014年現在、三輪のバイクが注目されているという事です。
三輪のバイクは、ご想像の通り二輪車に比べると安定していますよね。

 

そのうえ、斬新なデザインが新しい物好きな方々には評判だという事です。
2014年、春に発表された米国製の大型バイク「ハーレーダビッドソン」は
二輪車の免許を持っていない人でも、普通免許を持っている方なら乗れるという事もあって
評判を呼び、現在品薄が続いているそうです。

 

この三輪バイクの人気に便乗するように日本のメーカーも前輪が二つあるという
一風変わったおしゃれなスクーターを、今秋に投入し、バイク離れが進む若年層や
女性の取り組みを狙っているということです。

 

実際に、今年2月に販売になった三輪の大型アメリカンバイクのハーレーダビッドソンを
購入した50代の男性の話しによると、「これまでは二輪の免許しか持っていなかったので、
スクーターのようなバイクにしか乗ったことがなかったのですが、大型のバイクには憧れていた。
三輪のバイクなら転ぶ心配もないので、週末は妻と二人でツーリングを楽しんでいます。」
ということです。

 

三輪のバイクは、その構造上二輪ののバイクに比べ、多少値は張るものの
二輪免許が不要で、しかも安全の面でも二輪に比べたら安心して乗ることが出来るので
今後も、更に人気が高まるかも知れませんね。

 

私も機会があれば、是非、一度は三輪のバイクでツーリングを楽しんでみたいなぁと思います。
勿論、後ろに可愛い女性を乗っけてね。

 

バイクに乗る人の心得

二輪車は体で安定を保ちながら走り、停止すればバランスを失うという構造上の特性を持っているために、
四輪車とは違った運転技術が必要です。

 

また、四輪車からは二輪車の動きが見えないという事があるので、二輪のバイクに乗っている時には、
周りの状況により一層注意する必要があります。

 

バイクは手軽な乗り物であると気を許さないで、常に慎重に運転するように心がけましょう。

 

バイクの選び方について

 

1.自分の体格に合った車種を選ぶようにしましょう。
例え、体力に自信があっても、初めてバイクに乗る方が、いきなり750t以上の大型バイクに乗るのは危険です。
最初は小型の車種から始め、ばいくの取り回しに慣れてきてから大型の車種に乗るようにした方が安全で安心です。

 

バイクを選ぶ際には、次のことが出来るかどうかを確かめましょう。

 

・平地でセンタースタンドを立てる事が楽にできること。
・二輪車にまたがった時、両足のつま先が地面にとどくこと。
・8の字型に押して歩くことが完全にできる事。

 

2.バイク用ヘルメットの着用
日本では、バイクに乗るときには、安全基準を満たしたバイク用のヘルメットを必ずかぶることが義務付けられています。
大型自動二輪車・普通自動二輪車・原動機付自転車など、バイクに乗るときは体の中で最も大切な頭を保護するために
バイク用ヘルメットを被るようにしましょう。

 

また、バイク用ヘルメットを被らない物を後ろに乗せて、大型自動二輪車や普通自動二輪車を運転してはいけません。
バイク用ヘルメットは、PC(c)マークか、JISマークの付いたものを使い、あご紐を確実に締めるなど正しく着用してください。

 

工事用の安全帽をバイク用ヘルメットの代わりに着用しないようにしましょう。

 

 

3.バイクに乗る時の服装
バイクに乗るときは、体の露出がなるべく少なくなるような服を着るようにしましょう。
大型自動二輪車や普通自動二輪車の同乗者についても同様です。

 

また、他の運転手から見て、目につきやすい色の服装を着るようにしましょう。
夜間は反射性の衣服、または反射板のついてヘルメットを着用するようにしてください。

 

 

 

 

 

車やバイクでの交通事故

運転者などの義務

 

車やバイクを運転中に事故が起きたときは、運転者や同乗者は次のような措置を取らねなりません。
(1)事故の続発を防ぐため、他の交通の妨げにならないような安全な場所
(路肩、空き地など)に車やバイクを止め、エンジンを切る。

 

(2)負傷者がいる場合は、医師、救急車などが到着するまでの間、ガーゼや清潔な
ハンカチなので止血するなど、可能な応急救護処置を行うこと。

 

この場合、むやみに負傷者を動かさない(特に頭部に怪我をしている時には動かさないようにする。)
ただし、後続事故の恐れがある場合は、早く負傷者を救出して安全な場所に移動させる。

 

(3)事故が発生した場所、負傷者数や負傷の程度、物の損害の程度、事故にあった車の
積載物などを警察官に報告し、指示を受ける。

 

なお、緊急自動車、怪我人や病人を運搬中の車や、乗り合いバスなどの運転者は、
業務のために引き続き、その車を運転する必要があるときは、他の乗務員に負傷者の救護や
警察官の報告など必要な措置を行わせて、運転を続けることができる。

 


医師の診断を受けること

 

車やバイクの事故の場合、軽い怪我でも必ず警察官に届け、外傷がなくても頭部に
強い衝撃を受けたときは、医師の診断を受けましょう。

 

後になって後遺症が起きることがありますので、軽く考えてはいけません。

 

 

現場に居合わせた人の協力

 

(1)交通事故の現場に居合わせた人は、負傷者の救護、事故車両の移動等について
進んで協力するようにしましょう。

 

(2)ひき逃げを見かけたときは、負傷者を救護するとともに、その車のナンバーや車種、
色など車の特徴を110番通報なので警察官に届けましょう。

 

(3)事故現場には、ガソリンが流れたり、積み荷に危険物があったりするので、
事故現場でタバコを吸ったり、マッチを捨てたりしないように十分気を付けましょう。

 

交通事故についての相談

 

各都道府県の交通安全活動推進センターは、交通事故についての相談に応じていますので
バイクや車で事故を起こした場合には利用しましょう。

バイクの事故時の応急救護処置

車やバイクの事故により心肺停止状態に陥った負傷者の命を救うためには、いかに早く適切な処理を行うかが生死の境目となります。
したがって、自己現場に居合わせた人による、119番通報や心臓マッサージ(胸骨圧迫)等による心肺蘇生など迅速な一次救命処置が不可欠なのです。

 

心臓マッサージ(胸骨圧迫)とAEDの使用

 

1.負傷者の反応を確認する
負傷者を発見したときは、周囲の安全を確認した上で、負傷者の肩を優しく叩きながら大声で呼びかけます。
何らかの反応や目的がある仕草がなければ「反応なし」とみなします。

 

2.大声で叫んで助けを呼び、119番通報してAEDを手配する

 

負傷者に反応がない場合は誰か来てくださいなどと大声で叫んで助けを呼び、119番通報を依頼します。

 

近くにAED (自動体外式除細動器)があるときは、それを持ってくるように頼みます。
叫んでも誰も来ない場合、119番通報とAEDの手配は自分で行います。
※ 119番通報すると電話を通して心臓マッサージ胸骨圧迫などの指導受けることができます。

 

 

【AEDとは】
自動的に心電図を解析して(除細動)が必要かどうかを判断し、簡単、確実に電気ショックを与え、心臓の動きを正常に戻すことができるのもので、
近年、公共施設や大型商業施設など、設置数が増えつつあります。

 

3.負傷者の呼吸を確認する
負傷者の胸や腹部の動きを観察し、普段通りの呼吸(正常な呼吸がなければ、心停止と判断し、心臓マッサージ(胸骨圧迫)を開始します。

 

反応はないが普段通りの呼吸がある場合は、片手で負傷者の額を押さえながら、もう一方の手の指先を顎の先端にかけて持ち上げて、
喉の奥を広げ気道を確保し、注意深く観察しながら、救急車の到着を待ちます。

大型免許取る方法

バイクの大型免許取るには

 

バイク免許

 

資格や申請について

 

1.免許を取る2つの方法
大型2輪免許試験を受験するためには、先に述べたように小型免許から中型免許へと
ステップを踏んでいかなければならない場合が多いので、まずは、小型・中型の
免許の取り方から紹介していきます。

 

 

小型や中型の2輪免許取るには2つの方法があります。
1つは公認の自動車教習所に入所すること。
もう一つは直接試験場で受験する方法ですが、それぞれのメリット、デメリット探ってみましょう。

 

※公認自動車教習所に入所する方法
全く初めて免許の取得に挑戦するという人には、この方法をお勧めします。

 

初歩から免許取得までのカリキュラムが組まれており安心して学ぶことができます。
学科についても指導してくれるので、試験場における学科合格率は一般受験者に比べ
5から6パーセント高くなると言われています。

 

 

※直接試験会場で受験する方法
ミニバイクや小型二輪の免許持っているとか、事前に何らかの経験があるという人に向いています。
試験場で受験するという事は、教習所と比較すると大変なプレッシャーがかかります。

 

初めて試験を受ける際には、初めての車に初めてのコース、更に初対面の試験官、
他の受験者が見守る中で心理的圧迫感。
それだけに試験受験対策が必要ですが、難関を突破した時の喜びも大きなものです。

 

一般に試験場での受験者は、練習不足の傾向があるので、公認自動車学校の教習時間などを参考にして
試験の前に十分に練習を積んで受験する事をオススメします。

 

そうする事で、試験本番で練習の成果を出せれば合格する確率も高くなるでしょう。

大型免許の技能試験

技能試験合格のための重要ポイント1

 

1.試験管の印象良くする。

 

ある運転免許試験場での試験風景です。
試験官が順番に受験者に呼び出しています。

 

「5番、田中くん」
「・・・・・」

 

「5番、田中弘明君」
「・・・・・」

 

「5番、田中くんはいませんか?」

 

この時やっと田中くんらしき人が出てきて、無言で受験票受け取りました。

 

最近の若い人たちのなかには、人前で名前を呼ばれると恥ずかしいのか返事をしない人がいるようです。
これが、もしも入社試験だったらどうでしょうか。

 

田中君の不合格は間違いのないところでしょう。
バイクの運転免許試験はバイクの運転技術を評価されるのであって、人物評価されるのではないと
思われるかもしれませんが、技術にはその個人の人間性の反映があります。

 

バイクに乗るとき、仮にその時、不合格であっても、「ありがとうございました!」

 

というと、その爽やかさが光ります。
無言でバイクに乗り、無言で引き上げたのでは、あまり良い印象は与えません。

 

試験に合格するには、試験管の印象を良くする、ということも重要な受験技術なのです。
ハキハキした態度や応答、青年らしい、明るさや歯切れの良さは、相手に好印象を与えることでしょう。

 

テキストというのは、わずか5分か10分という短い時間であなたのすべてを相手を判断しなければならないのです。
メリハリの利いた、歯切れの良い応接態度も当然あなたを判断するファクターの1つであるに違いないのです。

試験合格のための重要ポイント2

技能試験合格のための重要ポイント2

 

1、思い切りよく走る。

 

目立った失敗はないのに「クランクコースやS字その他、どこも失敗しなかったのに不合格だった・・・」
ということをよく聞きます。

 

実は試験のポイントもここにあります。
仮に全コースをセカンドギアで走行し、その他には大きな失敗がなかった場合、合格するでしょうか?
おそらく合格しないでしょう。

 

その走行はメリハリのきいていない歯切れの悪いものだからです。
試験コースを見てみると、周回コースや幹線コースとクランクコースやS型コースなどの狭路コースに分かれています。

 

クランクコースやS型コースなどは、ゆっくり失敗のないように走行すれば良いのですが、
周回や幹線コースは、思い切りよく元気に走ることが大切です。

 

ノロノロ走るから逆にふらついて自信のない走り方になってしまうのです。

 

2.周回や幹線コースの走行がポイントです。

 

クランクやS型コースの通り方にポイントを置いて練習している人がいますが、これは逆なのです。
周回や幹線コースの広いところが乗りこなせるかどうかがポイントになります。

 

これからバイクの免許を取得するために試験を受けるという人にとって、試験場で他の受験者の
走行テストを見学するのは、良い勉強になります。

 

広いコースはスピードを乗せて、狭いコースは慎重に、人車一体となったスムーズな走り、
あーうまいなぁ、と思う人もいれば、見るからに危なっかしい腰つきの人もいます。

 

免許取得にあたって練習を重ねてきた、あなたなら合否の判断はできるはずです。

 

バイクははっきりと乗り手の技量がが現れる乗り物です。
スピードをあげて次に完全な停止ができる。
これが練習の基本になります。

 

低速でクランクやS型コースにかじり付いているだけではなかなか上達しません。
広いコースはスピードを乗せて、狭いコースはゆっくり慎重に走行するようにしましょう。

 

メリハリの利いた、歯切れの良さというのは、そのコースにあった走り方ができることを言うのです。

 

試験の時は全てリーン・ウィズ

 

バイクの技能試験の時のライディングフォームは、スタートから終わりまで全てリーン・ウィズです。
スラロームやクランク、S型コースでも、リーン・ウィズで走行します。

 

〜ライディングウェアを揃えよう〜

 

バイク受験者の90パーセント以上は、ブーツ、ライディングウェア、ヘルメットを持参しています。
大型バイクを受験する人は100パーセントと言っていいでしょう。

 

その中で、スニーカーで普通の服装では浮き上がってしまいます。
バイクに乗る決心をしたからには、それに相応しい服装を揃えましょう。

 

冷静な判断力を養おう!

バイクに乗るライダーは、冷静な判断力が養う必要があります。

 

【発信】

 

「10メートルも走れば、おおよその技量はわかるよ」と試験官が言っています。
バイクは二輪ゆえに、発信する時と停止する時がふらつき易く最も難しいところです。
そして大型車になるほど難しくなります。

 

「安全確認」「発信合図」「スタート」この一連の動作がぴたっと決まらなければなりません。

 

「中々上手く乗りこなしてるな!」試験管に好印象持たせる大事な瞬間です。

 

エンスト!ミスをすると大概の人は、カーッとなって動作が崩れてしまいます。
ミスをしても、たかが減点5点です。
冷静に、冷静に。

 

スタートしたらすぐにセカンド、サードギアにする…
ギアチェンジにまごついていませんか。

 

停止の時に両足をつく人がいますが、全コースを通じて停止の時は全て左足1本で、
ふらつかずにぴたっと止めます。

 

ギアは止まる直前にニュートラルに戻し、ローギヤに入れてから泊まります。
止まってからローギヤにするとスタートが遅れます。

 

特に坂道で停止、スタートするときは絶対に止まる前にローギヤにしておくべきです。
なお、止まる位置は停止線があれば停止線の直前です。
停止線を超えるとそれだけで不合格となります。

 

バイクの運転は機敏さが必要ですが、その機敏性は常にその行動の先を読むことから生まれます。
バイクの運転では頭をよく働かせないと安全を保てないのです。

救急救命の意識と知識

バイクに乗るなら知っておきたい救急救命の意識と知識

 

もしも、あなたが車やバイクの事故に遭遇した時に、
人命を救うことが出来るでしょうか?

 

皆さんは救急救命=ファーストエイド(FA)という言葉を知っているでしょうか?
事故にあった怪我人に初期段階で人命確保のために処置を施す事です。

 

何も車やバイクの事故に限らず、家族や仲間に何かあった時のために、
ぜひ、その知識を体得しておくようにしましょう。

 

アメリカではなんと4歳から13歳の間、つまりティーンエイジャーになる前に、
このFAを重点的に教えるそうです。

 

つまり、例えば虫歯や歯周病になってから治療するより、前もってならない方法を
教える方が合理的ですよね。

 

歯に関する意識が高まり、しかも低コストを実現できるというわけです。

 

そんなFAの知識も日本での普及はまだまだと言ういうのが現状です。
ボディの衝突安全技術向上も良いのですが、事故を起こさない、起こしたら遭遇したら
どうすればいいかと言う教育ももっとすべきではないでしょうか?

 

ファーストエイド(FA)をしっかりと学べば、命の重さや安全運転の意味がわかるでしょう。
普段から消防署主催の講習など、積極的に受けるようにしましょう。
やり方を知っているではなく、できることが重要です。

 

また、FAの知識を体得したら、ツーリングなどにはFAキット(人工呼吸や出血に関する用具)を
携行品に加えるようにしたいものです。

 

救急キット fa

 

事故は思いがけない時に起こるもの。
仲間同士で走っていて、オーバーペースになったり、疲れが蓄積して注意力が低下した時は
特に注意する必要があります。

 

事故リスクを低減するためには、定期的に早めの休憩をとり、リフレッシュすることを
ぜひとも習慣付けて下さい。

 

まずは基本的な事柄を守った上で、さらにFAを実地して、リスクを二重に低減するようにしましょう。

 

 

トップページに戻る>>